ブログSEOについて思うこと

今まででは考えられなかったような職業で生計を立てる人も少なくない。
ブロガーやアフィリエイター、Youtuberなんかがいい例だろう。
これらの職業では切っても切り離せないのがSEOだと思う。
そこでアクセス数を稼ぐ意味について個人的な意見をまとめてみた。

ブログでアクセス稼いでどうするの?

まず、キチンと?ブログを更新している人なら気にするであろうアクセス数。
PVやらユニークやらあるけど、新規ブログを徐々に人気ブログにしていくのは骨が折れる作業だ。
毎日更新したり、読まれそうな記事を執筆したり、SEOを気にしてみたりとキリがない。

ぼく自身は、昔勤めていた会社で新規ブログを立ち上げ、SEOのSの字もわからないままにせっせと1日3記事執筆し、1年後には月間13万PVくらいは集められるサイトになった。
もちろん特定のジャンルだったし(これを読んでる皆様は検索しないだろうジャンル)、ネタも尽きる(500記事以上書いた)。

何が言いたいかと言うと、SEOド素人のぼくが、チンプンカンプンなジャンルのサイトを立ち上げても月間10万PVは達成できるって話し。

例えば家電販売をしている人が家電についてブログを書いたらもっともっとアクセス稼げるよね。
一応その道のプロだし。

ただ、問題はアクセス稼いだ先って見えてるのかなぁ、と。

「確かな目的があってアクセスを増やす」ってのが大切でしょ。

「アクセス増えたぁ、ばんざーい」ではただのアクセス妖怪じゃん。

なぜブログから集客したいのか

ブロガーなら、ブログを読まれることがゴールというか、もちろんマネタイズできなきゃ生計立てられないけれど、「アクセス=収益」に近い。

アフィリエイトの場合、なにか商品を売るのなら「アクセス=収益」にはならない。
だってモノが売れなきゃ報酬もらえないもん。
でも、モノを売るためにはアクセスがないと話にならないので、一概には言えないけれど「アクセス≒収益」って感じかな。

Youtuberの収益って広告くらいしか思い浮かばないけれど、「アクセス=収益」に近いかな。

ちなみにぼくは、このブログで大金持ちになってやるぜ!なんて考えてないので、時間がある時に思ったことを書き綴るだけです。
むしろ雑記ブログはマネタイズしにくいし。

例えばパン屋さんがブログを始めるとします。
パンについて書きまくるのです。
アクセス欲しいのでSEO的なことも考え始めます。
良質なコンテンツと、良質なキーワードをひねり出します。

ただ、いくらアクセスを稼げるブログになっても、パンが売れなきゃ意味ないんですよね。

パンブログでマネタイズして収益化するなら別ですけど。

店舗や企業がブログを更新しなければならない理由

新規ユーザー獲得のためにも、SEOは必須だと思う。
もちろん、アクセスを増やすのも必須。

しかし、SEOはきっかけにしか過ぎないってこと。
ある特定の記事をきっかけにブログに入り込んだユーザーに「魅力的なパン屋さんだ」と思わせる必要がある。
そのためには、このパン屋さんが他とどう違うのか、どんなこだわりがあるのか、日々どのようにパンを作ってるのかという業務日報的な記事が不可欠かなぁと。

SEOで脳内が凝り固まった状態のキーワード、コンテンツだけでは「あなたのお店でパンを買いたい!」と思わせられないんですよ。

先に書いた、13万PVのサイトがモロにそう。
とりあえずアクセスを稼げと命じられて書いていたもんだから、その先がなかった。
最後の頃なんて、書いてる意味あるのかと自問自答する日々だった。

ただ、アクセスの稼ぎ方はわかったつもりだし、アクセスだけ稼いでも無意味だなと思ったし、経験は財産ですね。

まとめ

あなたがアクセス妖怪じゃないのなら、店舗や企業の魅力を最大限に伝えよう。
でもそれだけだと、SEOからの新規ユーザーの流入は少なそうなので、SEOのことも頭の片隅に。
日報7割、SEO的記事3割、くらいでいいかも。

あ、ちなみにSEOとは関係ないけど、記事がバズればそれでもいいんだけどねw
バズに関しては経験ないので、ぼくの口からは何も言えぬ…

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*